首イボ

加齢とともに増える首イボの正体は?

30代を過ぎたあたりから、首にイボができてしまうことがあります。

 

こうした加齢と共に増えていく首イボのことを軟線維腫と呼びます。

 

軟線維腫は主に首周りにできるイボのことで、直径1センチ以上のイボが軟線維腫に該当します。

 

年齢を重ねるほど数が増えていくことが多く、首周りだけで数十個もの軟線維腫ができてしまうというケースもあります。

 

この軟線維腫は良性の腫瘍とされていますから、無理に治療をしなければいけないというものではありません。

 

しかし、直径1センチ以上と大きいイボであるということが特徴になりますからシャツの襟やアクセサリーなどに引っかかってしまい、不快感を覚えることもあり、なかなか厄介なものです。

 

どうしても気になるという場合にはやはり治療をしてしまうのが良いと言えるでしょう。

 

軟線維腫の治療方としては炭酸ガスレーザーによる治療、そして液体窒素による凍結凝固治療があります。

 

炭酸ガスレーザーによる治療はイボを焼きとるというもので、治療後の傷も浅く簡単にイボを取り除くことができます。

 

凍結凝固治療は保険診療となっているため、費用の面で大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

どちらの方法でもイボを治療できるということには変わりありませんので、お好きな方を選んでしまってかまいません。

 

軟線維腫は加齢が主な原因でできるもので、誰にでもできる可能性があるイボです。

 

首にイボがたくさんできてしまうと見た目にも気になってしまいますから、素早く治療をするなどの対応が必要になってくるでしょう。

首イボができる原因は?

首イボができてしまう原因とはいったいなんなのでしょうか。

 

まず、もっとも大きな原因としては老化があります。

 

首イボは年齢の増加と共にできやすくなっていくとされ、多くの場合は30代を過ぎたあたりからできるようになります。

 

ですが、原因はこれだけではありません。

 

皮膚への刺激も大きな原因として考えられています。

 

たとえば、皮膚に刺激を与えるものとして紫外線があります。

 

夏場など、日差しの強い時期は紫外線も多く、皮膚は強い刺激を受けることになります。

 

紫外線というと日焼けをイメージしてしまうことが多いのですが、実は首イボの原因となる場合もあるのです。

 

特に、首周りは肌が露出していることが多いですから他の部分よりも紫外線の刺激を受けやすいと言えます。

 

また、衣服による摩擦も原因になります。

 

動くたびに衣服が肌に擦れ、摩擦が発生することになりますがこの摩擦が皮膚に刺激を与えイボの原因となってしまうことがあるのです。

 

どういった理由にせよ、共通しているのは対策が難しいということです。

 

年齢の増加を防ぐことはできませんし、紫外線対策としては日焼け止めクリームなどがありますが、それで完全に紫外線を抑えられるというわけではありません。

 

服も毎日必ず着るものですし、こうしたことが原因の首イボなどはある程度どうしようもないものと言えます。

 

幸い、首イボは良性の腫瘍で治療の必要があるわけではありません。

 

ただ、見た目の問題などでどうしても気になるという場合は病院で治療をしてもらうようにしましょう。